出し惜しみは損をする?美味しいりんご4971の正しい食べ方について

りんごは栽培技術が発達した現在では季節を問わず食べることが出来ます。いつでも美味しいりんごが食べられるため、購入してもすぐに食べずそのまま放置してしまうことがあります。りんごは収穫した時期によっては低温で保存することによって甘味が増えますが、通常は購入してすぐに食べることを前提に収穫しているため、自宅で長期間放置すると鮮度が落ちてしまいます。りんごの風味を損なわないためには正しいりんごの食べ方を知り、適切に対処することが大切です。
りんごはカットした切り口から水分が急速に放出され、鮮度が著しく低下します。栄養も減少して美味しさが消えてしまうので、すぐに食べるように心がけます。また、切ったりんごは空気に触れると酸化が進み、果肉が変色します。弁当やオードブルの付け合わせに切ったりんごを使う際は塩水を塗布して酸化を防ぐ工夫が不可欠です。また、お店で買ったりんごはすぐに食べ切るのが風味を楽しむ秘訣なので、まとめ買いは避けて一度に食べ切ることが出来る量だけを複数回に分けて買うように心がけます。りんごの品種によっては酸味が強く、生のままでは食べにくい物もありますが、他の果物と混ぜ合わせるなど甘味を強くする工夫を施すことで残さず食べることが可能になります。