りんご4971は鮮度が命!正しい保存方法で美味しく食べよう!

りんごは栽培技術の発達により一年を通して食べることが出来る果物ですが、新鮮な物ほど特有の甘酸っぱい風味を楽しむことが出来ます。店頭で購入したりんごをすぐに食べるのが最良ですが、余ったりんごは鮮度を損なわないように正しく保存することが大切です。
りんごの保存方法は鮮度を保ち、甘味が損なわれないように気を配ることを心がけます。りんごは収穫した後も呼吸を続けているので、そのまま放置すると熟れ過ぎてしまい、風味が落ちてしまいます。常温で置くと呼吸が活発になり鮮度が落ちやすくなるので冷蔵庫で冷やすのが最良の対処法です。また、りんごは冷やすことで甘みが増える特徴があるので、より味わい深い一品にすることが可能です。その一方でりんごは呼吸の際に食品を劣化させる作用があるガスを放出します。密閉した冷蔵庫に長く保存すると他の食品が傷んでしまう可能性があるので、りんごだけを袋に入れてガスの拡散を防ぐように配慮します。家庭用の冷蔵庫で保存する際はりんごの鮮度が維持出来るように温度設定を変えるのが適切な方法ですが、乾燥しやすくなるので保湿にも気を配ることが大切です。カットして果肉が剥き出しになったりんごは急速に鮮度が落ちるので、すぐに全部食べるのが正しい選択です。